大阪箕面の太春寺(たいしゅんじ)では納骨堂・永代供養・家族墓(かぞくはか)を責任を持って引受けます

太春寺(たいしゅんじ) ご住職さまのごあいさつ

お寺とのつき合いが減少している現代ではありますが、ご先祖を敬い亡き人を慕う心は今も昔も変わりありません。
太春寺(たいしゅんじ)では、昔ながらの檀家という仕組みに囚われず、だれでも気軽にお参りできる「開かれた明るいお寺」になるよう日々心がけています。

納骨供養・永代供養・家族墓(かぞくはか)について

家督のお墓が良いと云う事ではありません。各家族ごとの墓地が必要という事でもありません。 太春寺(たいしゅんじ)の永代供養・家族墓(かぞくはか)は「みんなでお参りする我が家のお墓」という住職の思いを永代納骨塔で実現しました。 多くの方が気軽に納骨供養し、自分たちのお墓としてお参りしています。

永代納骨・永代供養・家族墓(かぞくはか)を決めるにあたって

一番大切な事は、「そのお寺の住職と会って、直接お話をすることができる」と云う事です。 自分の念ずる人、大切な人のお骨を納めて、末永く供養してお参りするのですから“安い・有名”などだけで決めず、 気の合ったお寺へ納骨するの事が大切です。
後々「気を遣ったり」「追加費用が多かったり」では負担となり、足が遠のきます。

永代供養・家族墓(かぞくはか)・石碑墓

お釈迦様とご住職が見守る
太春寺(たいしゅんじ)の永代供養「家族墓(かぞくはか)」

  • いつでも自由にお参りできます。
  • お花やお線香をお供えできます。
  • 永代供養付き。継承者不在でも撤去されず、ご供養が続きます。
  • 「家族墓(かぞくはか)」の広がりは五百家族以上。寂しくはありません。
  • 法要からお墓参りまで、お寺で一貫して執り行えます。
  • 重量感ある本黒御影石。
  • 職人が1つ1つ手彫り。
  • 設置はカッチリ。動きません。
  • 個別の袋で納骨しますのでご遺骨が混ざりません。
  • 何霊でも納める事ができます。
  • 1区画 50万円。
  • 石碑代、彫刻代、施工費、納骨用品等を含む。
  • 管理費不要。永代供養付き。
  • 2霊目以降は永代供養料不要。
  • 但し、法要の御布施は別途必要。

山門、お参りの始まり

お墓を購入する気はない、
でもお墓に手を合わせてお参りしたい

秋には紅葉でいっぱい

納骨する供養塔 秋には紅葉でいっぱい
季節の花はあの方へ届ける供養のお花
皆さんで眺めて下さい

石碑は黒御影石 高級墓石と同じです

天照苑の石碑は霊園に建つ墓石と同じ意味です
山奥にある霊園が「境内」にあるのと同じです
お線香やお花を持って自分のお墓にお参り出来ます

いつもお花で温かい

多くの方がお参りされます
お線香やお花でいつもいっぱいです
季節の花はあの方へ届ける供養のお花
皆さんで眺めて下さい

こんな想いを懐いていました

  • 自宅に遺骨があって、どうすれば良いか分からない。
  • 昔ながらのお墓は必要ないと思えてきた。
  • お墓を建てたら、後継を強いらなくてはならない。
  • 墓地を購入して、お墓を建てるのは費用が高すぎる。
  • 実家や本家ではお参りするのも気がひける。
  • 共同納骨では、遺骨が混ざるので嫌。
  • やっぱり家族の事を想うと、お墓にお参りしたい。
よく聞かれる質問は?
  • 宗派は限定されていますか?
  • 伝統仏教の方はみなさん納骨できます。
    (禅宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・日蓮宗・天台宗・他)
  • 2人目を納骨する時、永代供養料は必要ですか?
  • 2霊目以降でも永代使用料は追加不要です。但し納骨の法要を勤める際の御布施は必要です。
  • 里のお墓を引っ越しできますか?
  • 墓石がありますので「里のお墓」も「お墓の砂」も納める事ができます。
  • 費用のご案内 ●永代供養志納金について
  • お問い合わせはこちら ●お問い合わせ・資料請求
永代供養 大阪 太春寺(たいしゅんじ)住所
COPYRIGHT©2007-2015 Taisyunji All Rights Reserved.
太春寺(たいしゅんじ)大阪府箕面市の納骨永代供養のお寺 北摂地域の納骨永代供養は太春寺(たいしゅんじ)
永代供養 大阪 太春寺(たいしゅんじ) アクセス
〒562-0011
大阪府箕面市如意谷2-10-63
TEL:072-722-4113
FAX:072-722-8067
E-mail:info@taisyunji.jp
Google Maps

大阪で永代供養・家族墓(かぞくはか)をお考えの方は大阪箕面の「太春寺(たいしゅんじ)」へ。北摂地域での先祖供養・納骨永代供養・家族墓(かぞくはか)・葬儀法要を受けて400余年。 箕面・豊中・池田・吹田・茨木をはじめ都市型住宅となった北摂一円のご先祖供養の将来をみつづけています。